静岡市清水区の建築会社 鳳工務店 - そらいろほーむは高断熱住宅をご提案しています

建てる-BUILD-

FFCって何?

SWって何?

お問い合わせ・資料請求

スタッフBLOG

社長BLOG

住まいラボ
静岡の新築、一戸建ての事なら
「住まいラボ」

ろうきん「住んぷ会」

リライフクラブ

新住協

静岡SWスター会

洋菓子店 ラ・ローザンヌ

健康の暮らしに住まいは大切

健康、地震、暮らしを考えた長く住み続けられる住まいがそらいろほーむです。
そらいろほーむの住まいづくりはここが違います。

暮らし方をカタチにうつす

そらいろほーむの住まいづくりは、「あなたの暮らし」をじっくりと聞くことからはじめます。 「あなたはどんな暮らしがしたいのか」「なぜ、家が欲しいのか」「10年後のどんな暮らしをどう描いているのか」…といった暮らし方がとても気になります。それは家族構成、ご家族の趣味・趣向、ライフスタイルなど、子育て世代からシニア世代への変化と同じように変わるからです。ご予算、敷地を見て実際の日当たり、風向き、周囲の環境も最初にしっかり考えてご家族の暮らしをデザインにしていきます。

また、イメージに頼ることなく住宅模型による確認もしていただいています。そうそう建て替えなんかできませんよね。家は長く暮らす住処(すみか)。飽きのこないデザイン、家族の団欒、のびやかな空間、家に入った瞬間に感じられる安らぎ…あなたの楽しい、豊かな暮らしをカタチにしましょう。

打ち合わせ風景01 打ち合わせ風景02 images

木の家がいい

日本人は古い時代から木の住まいを友としてきました。木は居住性の優れた材料です。
木の持つ調湿性の高さ、熱の伝えにくさ、不快な音の吸収や光の反射率は耳と目にやさしく、木の感触の心地さなど多くの特長を持っています。

木の家を正しく作れば、「冬暖かく、夏涼しく過ごせる住まい」になることは、そらいろほーむでも十分に確かめられています。人間は生物だから、理屈抜きに生物に合う木に惹かれるのは当然と言えば当然かもしれません。
特に木の床は、何といっても人にやさしい。歩くときはもちろん、椅子に腰かけても足は床にある。室内において最も人と接するのは床ですね。木の家が好きです。

整理収納をたくさんつくる

暮らしと収納は分けて考えることはできません。家中にモノがあふれているのはもちろんのこと、ただモノを詰め込むだけでは「収納」とは言えないとそらいろほーむは考えています。限られたスペースに「たくさんのモノを片付けられる」のは基本中の基本。さらに「使いやすく、見た目も素敵にできたら…」収納場所はあるのにモノが片付かないなんてこともなくなります。整理収納で住まいがぐーんと広く快適になるようチェックしましょう。

耐震等級3で守る

静岡に暮らす人は東海地震に対する意識が非常に高いので、「地震から子供の命を守れる家にしたい。」という相談がとても多くあります。

そらいろほーむが手がける家は、すべて耐震等級3。一般家屋の多くは「震度6強から震度7程度の地震に対して倒壊・崩壊せず、震度5強程度の地震に対して損傷しない」という耐震等級1の基準で建てられています。
かつて、建築基準法に定められた耐震強度「耐震等級1」を守って建てた木造住宅でも阪神・淡路大震災クラスの地震で倒壊する恐れがあることが知られています。そらいろほーむの家は、その1.5倍の地震に対抗できる「耐震等級3」これは国内最高水準の耐震性能です。消防署や警察署など防災の拠点になる建物がこの基準に相当します。

建築基準法

省エネ基準適合をベースに

国土交通省は「2020年には改正省エネ基準を満たさなければ住宅を含む全ての建築物の新築を認めない」という方針を打ち出しました。改正省エネ基準は平成25年準とも呼ばれています。平成27年度4月1日より完全施行となりました。建物全体の省エネルギー性能を評価する「一次エネルギー消費量」の基準へ変更されています。それは改正省エネ基準でなければ新築から数年で家も設備も新しくても家の性能は旧式、資産価値の低下を意味します。「これから長く暮らしていくのに…」と思わずにはいられないでしょう。

そらいろほーむの住まいは、高断熱高気密化により改正省エネ基準を上回る性能を実現しています。快適な室温、結露のない心地よさ、きれいな空気、さらに省エネで光熱費が少なくなるという評価をそらいろほーむにお住まいの皆様からいただいています。また性能をわかりやすく断熱性能UA値を計算で、気密性能C値は各所測定し報告しています。
これにより太陽光発電などの創エネ設備との相性の良さを生かした「家をまるごと省エネ」とすることが可能となりました。

次世代省エネルギー基準

良質な空気環境に配慮

そらいろほーむは、自然の風を生かす暮らしを大切にしています。特に自然の風を積極的に取り込む通風設計を意識して夏の冷房の利用を抑えます。
通風とともに換気は豊かな暮らしに欠くことのできない大事な要素と考えています。
人が一生涯で体にいれる物質の総重量の56%は自宅の空気です。ご家族の健康をしっかりと守るために空気の質にもこだわりたいものです。

そらいろほーむでは、計画換気システムを採用することで窓の開閉に関わらず、空気によどみをなくし、カビやダニの発生を抑えて、いつもきれいな空気を保ちます。
また内装材に天然ミネラル等を特殊な技術で含浸させるFFC技術を施し化学物質の分解除去や善玉菌の活性化などにより、人にやさしい健康な空気環境を実現しました。

空気環境イメージ
省令準耐火構造がお得

火事への備えも忘れてはいけません。戸建住宅の場合、一般的な防火構造から住宅金融支援機構の定めた省令準耐火構造にすることで、耐火性能を強くします。省令準耐火構造は木造でも鉄筋コンクリート造や鉄骨造といった耐火建築物・準耐火建築物と同等の耐火評価区分となり、所定の条件を満たしている場合は火災保険料が大幅に安くなります。

安心のサポート

*不測の事故から住まいを守る第3者のサポート
瑕疵担保保証保険  受託  株式会社 日本住宅保証検査機構
完成保証  受託  財団法人 住宅保証機構
地盤保証  受託  一般社団法人 住宅構造基礎地盤保証支援機構
建設工事保険  受託  AIU保険会社
事業総合賠償責任保険  受託  AIU保険会社
*家守りとして住まいを守るそらいろほーむのサポート
定期点検  3ヶ月 6ヶ月 1年 5年 10年
メンテナンスを兼ねた巡回訪問 毎年 
OB施主さんとの集い場 そらいろまつり バス見学会

資金計画はライフプラン

家づくりには、まとまった資金が必要です。ほとんどの人が住宅ローンを組んで、返済をしていきます。住宅ローン返済は、家計費を圧迫し、生活が大変になるかもしれないと不安をお持ちの方が多いと思います。しかし、家を建てた後にゆとりある生活ができるかは、うまく資金計画をしたかどうかにかかってきます。今後のライフプランと照らし合わせて自分に合った計画を立てましょう。また、家計には気づいていない無駄な経費があります。その代表格が「・・・・・」です。家づくりを機会に家計費の見直しを行い、無理のない返済計画で楽しい家づくりをしましょう。

そらいろほーむのモットーは、「住まいづくりで失敗する人をなくそー」です。家計で失敗の無いようファイナンシャルプランナーによる「資金計画セミナー」を開催しています。ぜひ住宅ローンを組む前に参加してください。

打ち合わせ風景01 打ち合わせ風景02

ページの先頭へ
HOME会社概要プライバシーポリシーお問い合わせ
実績紹介イベント情報スタッフ紹介ご相談からの流れお客様の声Q&A
そらいろほーむの想い鳳工務店の家づくり鳳工務店のこだわりゼロエネルギー住宅リフォーム・メンテナンス
line
Copyright (C) 2011 鳳工務店 All Rights Reserved.
line
そらいろほーむのモットーは 住まいづくりで失敗する人をなくそう!!